皆さん、こんにちは。スタッフJです。
今日はチェア座面の張り替え事例をご紹介しますね。
一つの家具を長い間使い続けるということは素敵なことですが、やはり長い月日の間には色々とあるもので
チェアなら座面部分が布やレザーなら、どうしても劣化は防げないものです。
そういう時は「張り替え」という選択肢もあります。

今回のお客様も10年弱使っているダイニングチェアの座面部分の劣化してきたとのことで張り替え依頼がありました。
パイピングを施したちょっと凝った作りの座面でしたが、無事張り替えできました。
どうしても当時のレザーと全く同じ色味のモノはなく、一番近い色合いのを使用致しました。
それでも十分に良い見栄えになりましたよ。

最近の安価なチェアは構造上張り替え出来ないものも多くなってきていますが、少し前のチェアなら
こういう風に「張り替え」を行うだけで、まだまだ何年も使い続けれますよ。
皆さんも買い替えか張り替えか、使っているチェアに合わせて検討してみて下さいね。
それでは、また明日もお待ちしております。